不動産売却の入金について

不動産売却にあたっては、たしかに売却代金が支払われるかどうかというのは気になるところといえます。途中で不動産売却に関係した誰かに持ち逃げされてしまっては元も子もないからです。
こうした場合ですが、一般的には買主との売買契約が締結された時点で、買主のほうから交付されるというのがふつうです。ただし、すでに手付金などを前もって買主が支払っている場合には、それを差し引いた残りの金額となりますが、いずれにしてもトータルとしては契約書に記載されている売却代金そのものになっているわけです。
持ち逃げなどの不測の事態を避けるというところから、物件の鍵と決済金は原則として同時交換となりますが、買主が一括して現金で交付するにあたり、多額の現金を持ち歩くのが不安という場合もありますので、そこは双方の協議によって、小切手払いとしたり、銀行振込としたりといった、便宜の方法がとられることもあります。
また、家を売りたいときの売却代金の一部に充当されることになる最初の手付金が入金されてから、残りの決済金が交付されるまでの間というのは、なにごともなければそれほど期間が空くことはありませんが、なかには買主のほうに住宅ローンの審査があるために、1か月程度はかかってしまうということもあります。こうした場合には、関係者のつごうがよい場所や日時をあらかじめ決めて、売主、買主とともに、銀行や不動産会社、登記をする司法書士などが一堂に会しても決済金の受け渡しを含めたさまざまな手続きをします。