お金借りる際に注意してきたい、審査の内容

お金借りるときは、申し込めば誰でも借りられるわけではありません。
申し込みをしたら審査を受けて、返済能力があるのか見極められます。
つまり、返済能力を認められた人しか、お金借りることはできないのです。

返済能力を確かめるために、業者は様々な項目を審査します。
基本的な審査の内容は、その人の職業や収入、雇用形態や勤続年数など、仕事に関するモノばかりです。
また、仕事に関係する項目以外にも、持ち家や家族構成など、審査項目は多岐にわたります。

他社からの借入件数、金額なども、お金借りるときのカードローン甘い審査項目です。
他社からの借り入れが多いと、たとえ職業や年収で問題なくても、返済で行き詰まる可能性があります。
顧客が返済に行き詰まると回収できなくなるので、業者は必ず他社の借入件数や金額を調べています。

他社からの借入件数や金額は、正直に書かなければバレないと思うかもしれません。
しかし、業者は申し込みを受け付けて審査を開始すると、信用情報機関に照会を行ないます。
信用情報機関には、その人がこれまでに行なった借り入れなどの情報が記録されています。
そのため、申し込み時に嘘を書いてしまっても、信用情報機関に照会した時点でバレてしまうのです。

お金借りるときの審査では、嘘がバレてしまうと通ることはありません。
故意に嘘を書くことはもちろん、記入ミスをして間違えてしまった場合でも、嘘を書いたとみなされてしまいます。
ですから、記入が終わったら必ず確認しましょう。